JKAの歩み
 戦後50年の節目にあたる1995年、コルチャックの子どもに対する基本精神や教えをわが国に広く伝えるために発足した日本コルチャック記念実行委員会(JKMC : JAPAN KORCZAK MEMORIAL COMMIITTEE)は、その後、展示会・講演会・演劇・映画会・セミナー・出版・Webページ公開などを通してコルチャックを伝えてまいりました。
 IKA(国際ヤヌシュ・コルチャック協会)とも交流を重ねるうち、2008年にイスラエルで開催された国際コルチャック会議においては、日本も正式なメンバーとして活動してほしいとの要請を受けました。
 それまでの歩みの間、ある研究者によって,当会の奉仕的活動が逆利用され、裁判にまでかけられてしまう悲劇を被りもしました。そして日本のコルチャック研究者の足止めをも誘いました。しかし、大きな目標の前に、苦難を忍びながらも未来の子どもたちのためを思い活動を続けました。事情を正しく判断されたご理解ある多くの方々
のバックアップのおかげで、今日まで一歩一歩ですが歩み続けてくることができました。
 2008年11月に IKAの加盟国として地球規模で一緒に活動を続けていこうよとの誘いを受けたのを機に、ようやく日本ヤヌシュ・コルチャック協会 (JKA) が発足しました。
 以下は、これまでの流れを記したものです。これからもよろしくご支援のほどお願い申し上げます。
(T.Fujii 記)

1993年1月
■日本にヤヌシュ・コルチャックを紹介する活動を開始。メンバーの井上文勝(イスラエル在住)が戯曲「コルチャック先生」を書き上げる。事務局を藤井忠英(フジ編集プロダクション代表)が開設。
4月
■95年の戦後50年イベントとして演劇・コルチャック先生の実現に向け活動開始。朝日新聞の後援としての支援体制を得る。
■加藤登紀子女史から演劇コルチャック先生の音楽担当の協力を得る。


1994年5月
■JKMCは95年の戦後50周年にコルチャック先生の演劇を実行するため、主催の劇団やバックアップしてくれる団体をプロモートをしていたところ、劇団ひまわりが演劇公演を決定。朝日新聞社が共催を決定してくれた。コルチャック先生役に加藤剛氏が決定。


1995年4月
■戦後50年の記念イベントを計画。映像ジャーナリストの山路徹氏らが参画。
5月
■事務局長(藤井)、イスラエルコルチャック協会を訪問。TBS・撮影クルー同行。イスラエル在住の井上文勝らと合流し、各関連施設を訪問。毎年開かれる、コルチャックの教え子(生存者)やその家族の集会にも参加。8月にTBSテレビ・ニュース23(筑紫哲也氏)で放送。

7〜8月
■出版事業として、文芸遊人社設立。井上文勝の戯曲「コルチャック先生・ある旅立ち」を出版。コルチャック展資料として、「コルチャック資料館」を発行。

■東京都日野市(ひの社会教育センター)と中野区(なかのZERO)にて、「コルチャック先生と子供たち展」を開催。
■東京と大阪にて演劇「コルチャック先生」(朝日新聞・劇団ひまわり主催)が公演される。約1万6千名の観客を動員。  
8月9日
■東京都中野区の「なかの芸能小劇場」にて、内戦のため祖国ボスニアに帰れずに日本で歌い続けるシンガーソングライターのヤドランカさんの協力を得て、コルチャック展特別イベント「ヤドランカ平和へのコンサート」(チャリティコンサート)を実施。収益金をサラエボの子供たち救済のために寄付。


1996年4月
■これまで準備段階で使っていた「コルチャック没半世紀記念実行委員会」の名称を「日本コルチャック記念実行委員会」と改め、以後もコルチャック先生をわが国に伝える事業を続行することを決める。
4月14日〜21日
■東京都渋谷区のJCC(ユダヤコミュニティセンター)にて、「コルチャック先生と子供たち展」を開催。後援・朝日新聞、協力・文芸春秋、ポーランド大使館、イスラエル大使館、ドイツ大使館など。14日のオープニングの日には、諸宗派の代表者を招き、日本ではじめてのホロコースト追悼記念式典を催した。イスラエル大使、ポーランド大使、ドイツ大使,また俳優の加藤剛氏ら出席。

5月5〜7日
■熊本市にて「コルチャック先生と子供たち展」を開催。また会期中、同展の特別企画として、1)古川泰龍氏と新保庄三氏による記念講演開催と、2)アンジェ・ワイダ監督の映画「コルチャック先生」を上演。
8月
■東京・狛江市のスタジオ「Beフリー」にて「コルチャック先生と子どもたち展」を開催。
11月
■ドイツ・ケムニッツ市にて、井上文勝氏著書の「コルチャック先生・ある旅立ち」が同市の高校生によって上演される。
11月16日〜24日
■高知県高知市で「コルチャック先生と子どもたち展」を開催。主催は、高知に平和祈念館を創る会。JKMCが展示資料を提供。


1997年7月12〜13日
■川崎市国際交流センターにてコルチャック先生展を開催。また、特別企画として、女子マラソンのオリンピックメダリスト、有森裕子さんの家族写真展も同時開催された。記念講演では、1)「有森家の子育てとコルチャック先生」(新保庄三氏・子ども総合研究所代表)、2)「コルチャック先生と現代の子どもたち」(金児栄治氏・野毛山幼稚園園長)と題して行なわれた。
8月5日〜30日
■一昨年に引き続き、東京と大阪で演劇「コルチャック先生」(朝日新聞社・劇団ひまわり共催)が公演される。主役コルチャック先生役、ステファ役は、前回と同じく加藤剛氏と榛名由梨さん。音楽も同じく加藤登紀子さんで、今回はさらに新しい曲もいくつか加わり、観客の感動を呼んだ。

1998年8月1日〜30日
■アンネ・フランクの会展示資料館(現ホロコースト教育資料センター)にて、常設展示と並行して特別企画展示「コルチャック先生と子どもたち展」を開催。学校が夏休み期間ということもあって、全国から多数の見学者が訪れた。

1999年1月、7月
■これまで日本においてコルチャック活動をしてきた出版、演劇活動に対して、K氏より翻案件侵害の提訴を受ける(コルチャック裁判)。訴えられたのは、日本コルチャック記念実行委員会の主力メンバーである井上文勝の著書「コルチャック先生・ある旅立ち」(文芸遊人社刊)、また演劇公演をした劇団ひまわり・朝日新聞社、そして演劇をテレビ放送したNHK。K氏は、最初コルチャック活動に大変協力的であり、JKMCではK氏の業績を称え、氏の研究活動を多くの人に伝えることも惜しみなく行ってきた。しかし、JKMCのメンバーの活動でコルチャックが次第にメジャーになってくると、上記のどれもが自身の研究書の翻案件侵害だと独占的な訴えをはじめる始末。これによってコルチャック活動は一時停滞を余儀なくされた。他のコルチャック研究者らは、K氏の文献を参考にもできず閉鎖された時期が続いた。

2000年6月
■イスラエルコルチャック協会・事務局長のアノリック氏来日。日本での国際コルチャックフォーラム開催など、これからの協力関係を話し合う。

2001年8月
■コルチャック裁判で「演劇コルチャック先生」の劇団ひまわり、朝日新聞社、NHKらは勝訴。原告K氏の提訴は棄却される。
8月〜9月
■加藤剛氏の演ずる演劇「コルチャック先生」の公演が劇団ひまわりによって再開される。これまでの東京、神戸に加え、名古屋、新潟でも公演された。新潟では、子どもおやこ劇場の出演参加もあった。
12月
■コルチャック裁判で「コルチャック先生・ある旅立ち(文芸遊人社刊)」の井上・藤井ら全面勝訴。原告K氏の提訴は全面棄却される。

2002年9月
■コルチャック裁判、高裁の判決にても一審どおり、原告K氏の控訴が棄却される。
10月
■日野市子どもまつりにて、コルチャックのパネル展示。
2004年3月
豊島区(東京都)児童福祉計画研究会の主催にて、ワイダ監督の映画「コルチャック先生」の上映と講演を池袋駅の東武メトロポリタンプラザにて開催。

2005年8月26日
■東京学芸大学で開かれた日本教育学会/ラウンドテーブルにて、「ヤヌシュ・コルチャックと教育実践」が題材としてとりあげられる。JKMC事務局長・藤井が提案者の一人として「戦後60年とコルチャックの実践」を報告。

2006年4月
■JKMC (日本コルチャック記念実行委員会)・藤井事務局長がイスラエルコルチャック協会を訪問。同協会との情報交換および、子どものためのホロコースト教育施設やコルチャックの展示パビリオンを見学。

※写真 (左)中央は現在のIKA・Batia Gilad会長。写真 (右)コルチャック資料室や展示場を備えた”子どもの家”
2008年11月
■国際コルチャック会議(イスラエルで開催)に井上文勝理事が出席。JKMCを発展させ、国際コルチャック協会のメンバーとしての活動要請を受けた。会議では承認の採決が行われ、全員賛成で可決された。Member of the International Janusz Korkczak Association・日本ヤヌシュ・コルチャック協会が正式に発足することになった。

2010年8月
■JKAとIKAの主催で国際コルチャック会議を東京で開催。総務省はじめ、多くの関連団体が後援となり、4日間の会議は滞りなく終了。世界各国のメンバーから高い評価を得た。今後の積極的な国際参加を期待されている。

▲Return