コルチャック資料館


コルチャック先生 年譜
コルチャックと子どもの権利の尊重
世界のコルチャック協会-HP
JKA (日本 J.コルチャック協会)の歩み
で映像を見る

Photograph/WEB展アーカイブス

■WEB展「コルチャック先生と子どもたち」をご覧になりたい方はこちらより入場登録を行ってください。登録

関連資料の紹介
と販売
■子どもたちはコルチャック先生について語ります

本映像は紀伊國屋書店刊行のビデオ「ヤヌシュ・コルチャックーすべてをこどものためにー」のカット写真です。

本ビデオの製作・販売は現在行われておりませんが、どうしても見たいという要望も多々ありますので、貸し出しを考えております。お問い合わせください。

Who was Dr. Korczak ?

コルチャック先生とは 

 1878年、ロシア領のポーランド王国・首都ワル シャ ワの高名なユダヤ人弁護士の家に生まれる。本名は、ヘンルイック・ゴールドシュミット。医師でありながら教育者として、また作家として子どもたちと共に生きた人です。

 裕福なユダヤ系ポーランド人家に生まれながら、全生涯を孤児救済と子どもの教育に投身。ポーランド人孤児院とユダヤ人孤児院の二つの設立に力を注ぎ、その運営にあたりました。また、数々の教育書、研究書、童話、戯曲、新聞、ラジオ放送を通して子どもの福祉と権利を訴え、自らそれを実践しました。

 1942年8月、ナチス弾圧下のポーランドにあって、多くのユダヤ人が絶滅収容所に送られるなか、コルチャック先生と子どもたちにもその機会がやってきました。しかし、高名であったコルチャック先生には助命の特赦があたえられましたが、彼は「子どもたちも同じように扱われないなら、私は子どもらと一緒に運命を共にします」と、その特赦をもしりぞけ、ユダヤ孤児2百余名に同行し、トレブリンカ収容所で非業の死を遂げました。

 彼が考えていた子どもの理想は、死後47年にして国連で「子どもの権利条約」として実現されました。日本も1994年に批准国となっています。